大阪市北区・梅田・扇町<めまい・首・腰の専門院>

大阪 北区 天六 天満橋 天満 中崎町腰痛 治療 整体 カイロプラクティック

腰痛とは?

●急性腰痛(ぎっくり腰)
急性腰痛とは、重い荷物を持った時や運動をし始め、朝洗面所で顔を洗おうとした時などに、「ギクッ」と激しい衝撃に襲われ、動けなくなるトラブルの事を、まとめて急性腰痛または、ぎっくり腰などと呼ばれます。

 

最近では、ビリーザブートキャンプやコアリズム、様々なテレビでしていたストレッチによる腰痛が増えています。
流行し出した頃、あ〜ぎっくり腰になる人が増えるだろうな・・と思っていました。

 

急性腰痛は、筋肉が激しく痛められ炎症を起こしている状態ですので、なってしまった場合は必ず冷やして下さいね。

 

日本はどうしても、指圧やあん摩(揉む)の文化が強いため、マッサージをしたくなりますが、炎症を起こしている箇所を揉むとさらに炎症がひどくなり、もっと酷くなるので、必ず冷やして下さい。

 

施術所によっては揉む所もあるようなですが、そのような施術所は変えた方がよいでしょう。

 

 

●慢性腰痛
慢性腰痛は、いつも何故か腰がだるい・・同じ姿勢を続けると腰が痛くなる。

 

レントゲンやCT・MRI検査をしたが原因がわからない、年のせいだなどと言われ、原因不明のトラブルが続いている。

 

などとにかく腰がつらい・・

 

慢性腰痛は、急性腰痛と違い酷い状態が慢性化しているので、急性腰痛のように冷やせばいいというものでは、ありません。

 

むしろ冷やす事により、さらに血流障害などを増強させよくないので、セルフケアをするのなら、タオルに水分を含ませ、電子レンジなどで軽く加熱しトラブルのある場所にあてるのがよいでしょう。

 

腰痛の原因とは?

では、なぜ腰痛はおこるのでしょうか??

 

急性腰痛や慢性腰痛により動けなくなり、担がれるように病院へ行き、レントゲンやCT・MRIを撮り椎間板の間(主に腰椎4番、5番間)にヘルニアが見られ、ヘルニアと言われるパターンが多いかと思われますが、ヘルニアが見つかったからといって、そのヘルニアがトラブルの元かと言うと必ずしも、そうではないです。

 

ヘルニアはあるがトラブルのない人などたくさんいますし、逆にヘルニアはなくても腰につらさを感じている人もたくさんいます。

 

では何故この様なすれ違いが現れるのかと言いますと、はっきりとした原因がわかっていない。(原因不明)簡単ですが、そのためです。
※西洋医学では。

 

 

現代の西洋医学では、目で見える物が全てで異常があればそれが原因となってしまいます。

 

その為、MRIでヘルニアが見られるとそこが原因なので、ヘルニアを切るという方法になります。

 

それで、つらさがまったく無くなればよいのですが現実では違います。

 

(例)
■術後少しはマシになったが、またツラさが出てきた。トラブルが増した。
■違う場所にツラさが出てきた。しびれ等が出てきた。

この様な事も起こっています。

 

 

やはり身体を切るという行為は、すごく負担もかかりますし、切った筋肉や組織は修復・防御を始め、より硬い質の悪い物(筋肉・組織)へと、変わっていきます。

 

そして、血流障害・筋の硬化(スパズム)などを起こし始め、ツラさのため運動を控えるようになり、筋肉を使わなくなる為に、更に血流障害・筋の硬化と『悪循環』を生み出します。

 

 

※ヘルニアなどの神経圧迫障害などで、排尿障害など起こる場合があります、その様な時は手術が有効ですが、ヘルニアが見られたので即、手術となる場合は少し考えて、ご自身が色々調べた上で納得してからでも、いいと思います。

 

 

●腰痛を体験した方の『生の声』はこちら

 

腰痛の本当の原因とは? 「急性腰痛」

●腰痛と筋肉
腰痛の原因は生活習慣・姿勢などいろいろありますが、やはり重要になってくるのが筋肉だと考えます。

 

何故、筋肉が痛みにかかわってくるの?神経ではないの?

 

と、思われるかもしれませんが沢山の方をみていく中で、やはり筋肉の重要性は無視できないからです。
「筋肉」と「神経」のかかわり方を一緒に考えなければいけないと思います。

 

腰がつらくて・・という方に重要性を感じる場所に施術をおこなう。
難しい事をする訳ではないのですが、それだけでも楽になったと喜んでくれるのです。
その様な経験からやはり筋肉は重要な箇所だと思います。

 

 

●筋肉の異常を作る原因
その筋肉の異常を作っているのがまさしく骨格の歪みなのであります

 

例えば、輪ゴムをずっと伸ばした状態でいるとします、そしたら輪ゴムは延々と伸ばされた状態で、ストレスを感じています。

 

ストレスを与えられた状態、その様な状態はけして輪ゴムにも良いとは思えないですよね?
それが筋肉で起きているとしたら・・

 

筋肉はまさに火山のように、グツグツとストレスに耐えいつしか爆発してしまいます。

 

その爆発したのが、急性腰痛いわゆる、ぎっくり腰です。

 

上記でも書いたように、けしてマッサージなどはしないで欲しいのです。

 

延々傷つけられた筋肉が悲鳴をあげ爆発したのにまた、外部から強い刺激を受けたら更に悪化しますよね?

 

これが急性腰痛・ぎっくり腰の原因です。
では、慢性腰痛の原因は何か??

腰痛の本当原因とは? 「慢性腰痛」

●慢性腰痛の原因は?
上記に書いたように長年のストレスの蓄積で初めの腰痛が引き起こされます。

 

その状態で早めに適切な施術をせず放置していると、急性腰痛を繰り返し、繰り返していくうちに、脳に対してトラブルの回線・回路が出来てしまいます。

 

そうなると、例え悪い場所が無くても、トラブルの回線・回路が出来ているため少しの事で脳にツラさとして感知させようとしてしまい、トラブルがドンドンと現れてしまいます。

 

非常に敏感な状態になってしまいます。

 

 

事故などで足を切断してしまった人でも、足の先がツラい・・と感じたりするのですが、何故ないはずの足の先に痛みが出るのか?そう思いますよね。

 

ファントムペイン(幻覚痛)と呼ばれるのですが、それはやはり脳が足の存在を覚えていてその回線・回路が残っているからなのです。

 

それ程、人間の身体は不思議で謎の多いものです。

 

 

●急性腰痛を繰り返してると・・
繰り返していると、トラブルに非常に敏感になってしまい、少しの事でツラさを感じてしまいます。

 

そうなると、またしんどくなるから、あまり無理はしないでおこう・・
あまり動かない方がいいだろう・・
と運動や生活を今までの状態からセーブし始めます。

 

それがだんだんと続いていくと、動かないので、血液がその場所にたくさん流れなくなり、血流障害をおこす。
するとその組織に十分な酸素提供がおこなわれずトラブルを発する物質が集まり、ツラさを感じ出す。
するとまた、動かなくなる・・

 

このように身体にとってよくない連鎖が出来てしまいます。
そして悪循環で繰り返し酷くなっていきます。。

悪循環

●悪循環
上記に書いたように血流障害を起こし、発痛物質が放出されツラさが出る。
ツラいからまた、動かなくなる・・

 

このような悪循環についてまとめたいと思います。

 

悪循環

■トラブルを繰り返す(トラブルに敏感になる)

 ■発痛物質ができ放出する。

  (トラブルを発する) 

■交感神経が興奮する

 (緊張状態になる)

■組織への酸素提供が

  悪くなる

■筋肉の緊張が起こる

 (血管が細くなる)

■血流が悪くなる

 

この様な、悪循環を断ち切る事が慢性痛には必要になってきます。

 

 

●腰痛を体験した方の『生の声』はこちら

 

施術法

●施術法は?
この悪循環を断ち切る為にはまず、原因となった骨盤や腰椎、その他全身の歪みを取っていき、ストレスを解除し、筋肉の無駄な緊張をなくしていきます。

 

そして、トラブルを発する部位(トリガーポイント)などにアプローチしていき、血流を改善し、自然治癒力を最大限働かせれる状態にもっていきます。

 

カイロプラクティックによる矯正で「ポキッ」となる、この音には科学的に、この悪循環を遮断する事がわかっていますので、さらに非常に有効です。

 

このように腰痛といっても原因が複雑に絡みあっていますので、ポイントではなく全体的にみていく事が、必要になってきます。

 

 

●適応トラブルのトップに戻る
●レポート(経過・矯正方法などを載せています)はコチラ

<めまい・自律神経・首の専門>
めまい、ふらつき、シビレ、腰痛、頭痛、何をしても改善されなかった方、ご相談下さい。

梅田・中崎町駅・天六駅・天満駅からスグ!

大阪府大阪市北区黒崎町9-3 松本ビル2F
TEL 080-4014-7500

<大阪市営地下鉄 谷町線「中崎町」駅 1番出口すぐ>
居酒屋「竹乃膳」さん上。
(関西テレビ、北野病院近く)

・阪急電鉄千里線「天神橋筋六丁目」駅から徒歩5分
・大阪市営谷町線「中崎町」駅から徒歩2分
・JR環状線「天満」駅から徒歩7分
・阪急「梅田」駅から徒歩15分
・大阪市営地下鉄「東梅田」駅から徒歩15分
・JR「大阪」駅から1駅